息子の失明Vol.2怒り

  • 2015.05.06 Wednesday
  • 01:50
JUGEMテーマ:日記・一般

どうも、GWも終わりですね。個人的には関係ありませんが。
Vol.2書けました。これは、書いていて疲れます……。最初なかなかキーが進みませんでした。医学的な知識は皆無で、医者に説明を受けたものの、時間が経つと細かい内容の記憶が薄れていきます。完全でなくてもいいけど、大体は覚えておきたい。
 
目の話ついでですが、私もここ1〜2年程前から小さく細かい文字が見辛くなってるようです。特に夜。照明の明るさ加減によって見える時とぼやけてかなり見にくい時があります。元々、視力は良い方でずっと裸眼です。視力の良い人は老眼に早くなりやすいと聞いた事があります。母もそうです。ジワジワきそうで心配……。
 
では、どうぞ。↓
 
 
 
3月19日、午後。
F医大病院に私と母が到着。すぐに病室に向かう。
前日、両親には眼底検査の結果と今日の入院・手術について伝えていた。両親もショックな様子だったが、私よりは冷静だった。店は連日忙しい、こちらの事情など関係なく。さすがに、この日はショックを受けている私を気遣ってくれて、店番を休んでもいいと言ってくれた。
 
 
病室には、ベッドに腰かけてる息子、その傍に学園の副園長Iと付き添いの若い男性職員さんがいた。あと、看護婦さんが時々出入りしていた。Iは大柄でいかつく、太り気味のオッサンである。
息子は午前中に入院、診察を受け、夕方から手術の予定だ。本人はベッドにぼんやり座っている。目以外の健康には問題ない。私と母は学園の2人に挨拶し、息子に声をかけた。
それから間もなくして、オペの前に執刀する主治医の説明があるという事で、Iと私達母子は男性職員と息子を病室に残して診察室に入った。
 
診察室に入ると、主治医は息子の両目の様子を撮ったレントゲン(?)を見せながら説明した。
「左目は完全に失明しています。おそらく半年以上前から」
「右目は、白内障と網膜剥離を起こしていて、網膜は完全に剥がれています。網膜剥離?簡単に起こりますよ。一度剥離を起こしたら、(自傷をしなくても)再剥離を起こす可能性があります。これだけ損傷が激しいと、どこまで網膜をくっつけられるか判らない」
「右目の手術は、剥がれた網膜をくっつける為にガスを入れるかシリコンオイルを入れるかですが……」等話した後、少し沈黙があったので思い切って訊いてみた。無駄だと知りながらも。
前日、ネットで調べていて、失明した目が見えるようになった事例が海外で存在すると書かれていたので、それを言ったら案の定「じゃあ、海外に行って下さい」と素気なく言われた。そして再び、手術の話に戻った。
しかし、私は頭に激しく血が上ってきて、それ以上話を聞いていられなかった。その場にいるのが耐えられなくなって、席をいきなり立ち黙って診察室から出て行った。
 
 
自分は事実を受け入れきれていなかったのだ。確かに、失明した目が蘇った話は聞いた事がなかったが、もしかしたらそんな話があるかも……とネットで調べた。それらは眉唾ものの話かもしれない。しかし、前日に電話で職員さんから聞いたけど、医者から直に左目も失い右目すらどうなるか判らないと宣告されて、絶望で怒りが込み上げてくるのだった。
「ちくしょう……ちくしょう……!」
私は、自分のカバンを思いきり廊下の手すりに叩きつけた。
 
間もなく、母が診察室から出てきた。ちくしょうと呟いている私に母が止めなさいと制止した。
それからIもやって来て、全員病室に入った。
「怒ってるようですね」
Iが私に言った。私は、上目遣いに睨んだまま低く抑えた口調で詰問した。
「自傷で網膜剥離や失明になった方、学園にも今までに何人かおられるんでしょう?だったら、そういう可能性もあるという事ご存知ですよね?どうして、本人が自傷をやっていた時点で病院に連れて行ってくれなかったんですか?」
それに対して、Iは答えた。
「自傷しているからと病院に連れていく事はしてません」
「もっと早く病院に連れて行ってくれたら、あそこまでならずに済んだんですよ」
「そうですね」
とりあえず私も表面的には冷静な態度に戻り、この後もしばらく会話が続いたが、重大な話ではないので省略する。
 
 
学園は、目を守ってくれない。息子は片目を失った。ひょっとしたら右目も失うかもしれない。このまま両方とも失明するのを黙って見ているのか?嫌だ、嫌だ。
息子を学園から家に連れて帰ろう、と思った瞬間だった。
コメント
記事読んでて驚きました。
なんて世の中はこうも苦しみを何重にもあわせるんだろう?

医者も学園も他人事。
怒りの気持ちはすごくわかります。
おそらく学園の怠慢が招いた人災です。

自分も今病気で瀬戸際にいますが
甘すぎますね。
余計な励ましとかはしません。

ただ一つ苦しいでしょうが
身体を大切にしていて下さい。
  • まこと
  • 2015/05/07 12:56 AM
どうも、コメントありがとうございます。先日はどうも失礼しました。

甘い、なんて事はないと思います。まことさんの状態に比べたら、生命の危機まではないので……。ただ、失明すると今後の人生に大きく影響するので、心配ですが。結局、学園も見込みが甘かったのでしょう。今後の事もあるので、争う気はありませんが。

私も上手く言えませんが、どうかお大事になさって下さいね。お辛い中、どうもお気遣いすみません。またそちらにも寄らせて下さいね。
  • スワロウテイル
  • 2015/05/07 1:51 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Tumblr

管理人のつぶやきスペースです。 画像収集専用と、つぶやき専用に分けました。 リンク欄よりどうぞ。

Pinterest

Web banner

ブログランキング・にほんブログ村へ


Blogparts


Request

詩の作品については、下手な分際でおこがましいのですが、一応真剣に書いていますので無断転載等の悪用はご遠慮下さい。宜しくお願いします。(そんな価値もありませんが……)

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM